国本武春はん

|
今日は、たいへんに悲しいニュースがおました。
浪曲師の国本武春はんがお亡くなりになったのでおます。

国本 1.jpg

今から5年ほど前でおますが、わて、国本はんと、大阪のベーシストの清水興はんと一緒にお仕事さしてもらいましてん。
国本はんは浪曲だけやのうて、ブルーグラスやら「ロック浪曲」やらもやってはりましてな。
ほんで、中座くいだおれビルの地下におます「道頓堀Zaza」から、国本はんの音楽をもっと世に出したいのやけど何ぞええアイデアおまへんやろかと言われて、清水はんに相談してこないな「三味線ファンク」が出来上がったのでおました。

国本 2.jpg

そら、えらいリズム感でおました。国本はんの三味線のリズム感いうたら最高でおましてな、そこへまたリズムの大将の清水はんでおまっしゃろ。グルーヴ、いうんですかな、踊りとなるようなえらいパワーの音楽なんでおました。三味線とベースと、弦があわせて7本やさかい、「七味線ブラザーズ」いうて名前もつけましてん。

国本 3.jpg

なんべんか演奏会やりましてな、有山じゅんじはんが参加しはった回はえらいもんでおました。お二人でもリズムがええのに、そこへリズムの天才の有山はんでおまっしゃろ。もう、なんやありがたーい仏はんが三人座って弾いてはるような感じでおました。

さあ、これからどないして録音しまひょか、というときに、国本はん身体をこわしはりましてな。この年は特に芸歴30周年でお忙しかったのでおますけど、身体の悪いところもおましたのやろな。
1年ほどお休みしはって、ぼちぼち復帰してきはって、そろそろまた「七味線ブラザーズ」再開しよか、というときでおました。

国本 4.jpg

浪曲ファンにとってはもちろんでおますやろけど、音楽ファンにとっても、ほんまに大事な宝物を失うてしもうたのでおます。
もっと一緒にお仕事しとおました。
ほんまに残念で、悲しいことでおます。