レルヒはんのハガキ

|
 新潟のレルヒはんからおハガキいただきましてん。
 セイカクに言うと、お返事でおますねん。

 こないだから、佐渡島でトキの赤ちゃんが何羽も何羽も生まれてはりまっしゃろ。わて、トキ、いうのをいっぺん見てみたいなあと思うておりましたさかい、赤ちゃんが生まれたいうて、えらい気になっておりましてん。
 トキだけやおまへんねん。佐渡島は、能登半島といっしょに去年、日本でさいしょの世界農業遺産になりましてん。なるほど、トキが暮らせるほどええ農業をしてはるのやなあ、そういう農業をいっぺん見てみたいなあと思うておったところですねん。

 ええ季節になってきたし、なんでも佐渡にはカンゾウの大きなお花畑があって、伝統太鼓のお祭りもあるそうでおますな。そうそう、佐渡は伝統芸能のレベルもえらい高いそうでおますねん。わても伝統芸能の文楽人形の血筋やし、太鼓も叩いておるさかい、これまたえらい気になっておりましてん。

 そやさかい、レルヒはんに、「今度はいつ新潟に呼んでおくなはるのかなあ、トキの赤ちゃん見とうおますなあ」いうてお手紙出しましてん。ほなら、さっそくご招待のおハガキをいただいたと、こないなわけでおますねん。

 レルヒはん、おおきに。なんや、サイソクしたみたいでえらい申し訳おまへん。え、したみたいやない、サイソクしてるがな、って、まあ、よろしおますやないか。

レルヒさんへ手紙20120517-1.jpg
レルヒさんへ手紙20120517-2.jpg

IMG_3073.JPG
IMG_3074.JPG