2011年12月アーカイブ

「道頓堀 太郎寄席」、早くも3回目でおます。
今回は、林家花丸はんがメイン出演者でおますねん。桂文三はんと同期でおますな。名前のとおり、華のある芸のお方でおます。

今日のゲストは、前回主役やった桂春蝶はんと、これまた花丸はんと同期の笑福亭生喬はんでおます。前座は、生喬はんのお弟子さんの笑福亭生寿はんがつとめはりましてん。


seiju.jpg

まずは、生寿はんの「手水廻し」いうお噺でおます。田舎の宿屋で、大阪のお客さんが「チョウズを廻してほしい」いうて言いはったところが、「チョウズ」というのが何のことやらわからんと、おかしなことになってゆくお噺でおます。ここで言う「手水」というのは、歯を磨いたり顔を洗うたりする一式のことでおますねん。前座というはいうものの、なかなかに熱の入ったええお噺でおました。


shunchou.jpg

つづいて、春蝶はんの「紙入れ」というお噺でおます。
貸本屋の若い衆と、ええとこの奥さんとの艶話でおます。こういうお噺は、大きな会場でやるよりも、こういう小さい小屋の方が雰囲気が出てよろしおますな。


hanamaru.jpg

ほんで、中トリで花丸はんでおます。
「太鼓腹」という、幇間(たいこもち)のお噺でおます。鍼を習うた若旦さんが、なじみの幇間のお腹に鍼打って、抜けんようになってどないもならんようになるお噺でおます。こういう若旦さんやら、幇間やら、そういうなんやわけのわからん人を演じると、花丸さん、ほんまによう似合うというのか、不思議な世界を醸し出しはりますなあ。


seikyou.jpg

中入りの後は、生喬はんの「豊竹屋」でおました。
これは、浄瑠璃に凝って、なんでも即席で浄瑠璃に語りはる人と、なんでも即席で口三味線で合わしはる人のお噺でおます。生喬はんの渋い声の調子が、ほんまに、まあホンマモンの浄瑠璃の太夫はんそっくりでおますのや。わても文楽人形の出身やさかい、他人事とは思えませんでした。面白おましてん。

最後の大トリに、もういっぺん花丸はんでおます。「幸助餅」という、人情噺でおます。
これは、わてびっくりしましたなあ。上方落語では人情噺というのはほとんどおまへんのやけど、このお噺はようでけておりますねんなあ。東京落語の人情噺とは一味違いますのや。もっと軽みがあって、ぽろり、ぽろぽろと泣かせるところで、どないも笑わんとしょうがないような、上手なくすぐりがぽっと出ますのや。
相撲に入れ込んで身代潰した旦那さんと、その大関まで上り詰めた、昔は横綱というのがなくて、大関がいちばん上やったそうですな、その関取のやりとりが、これが真に迫ってどこがほんまでどこが嘘やわからん、これまた不思議な不思議な世界でおました。

今日もようけお客さん来てくれはりましてん。ありがたいことでおます。
せやけど、今日のお客さん、ぜったいお腹いっぱいでお帰りいただいたことと思いまっせ。えらい、盛りだくさん、密度たっぷり、見ごたえ聴きごたえある落語会でおました。

次回は来年お正月の17日にやりますねん。今度は、笑福亭生喬はんが主役でおます。ぜひ、みなさん、いっぺん足運んでおくんなはれ!

「大阪名物くいだおれ」が閉店した次の年に、やしきたかじんはんの呼びかけで、「OSAKA あかるクラブ」いうのができましてん。
当時の大阪府・橋下知事、大阪市の平松市長も参加しはって、「大阪をあかるくするための会」ということで活動開始しまして、わても結成の時からサポーターとして参加しておりますねん。

そのOSAKA あかるクラブで、毎年12月に「OSAKA GREAT SANTA RUN」いうのをやっておりますねん。参加者みんなが、サンタクロースの恰好して走りますねん。
わては走られへんさかい、今までは遠慮しておりましてんけど、今年は賑やかしのゲストで参加してまいりましてん。

santarun2011a.jpg

去年も一昨年も何百人、いう人が参加してくれはったそうなけど、今年はなんとまあ1500人参加ということでおますねん。会場は大阪城公園の野球場から、公園の中を走るのでおますけど、サンタクロースだらけの真っ赤っ赤でおますねん。

今回は、わてらの仲間の株式会社太郎フーズから、わての「くいだおれ太郎プリン ミックスジュース味」を提供してくれはりまして、わて本人がプリンを下げて、応援に行ってまいりましてん。
わて、やしきたかじんさんとは初共演でおます。ちょっと緊張しておりましてん。

santarun2011b.jpg

この「GREAT SANTA RUN」では、参加費の一部を阪大病院の小児医療センターと福島の県立大学付属病院の小児科に寄付しますねん。参加費の残りはサンタの衣装代でおます。えらい安い衣装代に上がっておりまして、寄付金はけっこうな金額になるのやそうな。こないして、なんやしらんけどみんなで集まって「わあっー!」ちゅうて、ええことになっているというのが、大阪らしゅうおますなあ。

santarun2011c.jpg

コースは大阪城公園の中やさかい、早い人は10分ほどで一周して帰ってきはりますねん。帰ってきはったら、舞台の上のクリスマスツリーに願い事かいたカードをかけて、コカコーラさんの差し入れの「ビタミンウォーター」と、わてのプリンと、ほかにもいろいろもらえますねん。コカコーラさんいうたらFANTAの会社でおますな。今年はしまいまでご縁がおましたなあ。ありがたいことでおます。

santarun2011d.jpg

わては、こないして走り終わったランナーさんへのサービスブースの横に、「ごくろうサン」いうてフキダシ出して、座っておりましてん。ほんで、みなさんと記念写真撮っておりましてん。わてのこの記念写真は、大阪エヴェッサいうプロバスケットボールのチアリーダーさんたちでおますねん。わてと同じで、今日のゲストで出演してはりましてん。きれいなおじょうさんがたでおますなあ。

santarun2011e.jpg

今年はクリスマスの飾りつけは早うから見えておりましたけれども、何やそんな気分にならへんのか、あんまり街でも音楽がかかっておりませんし、飾りつけもそない増えておりませんな。
今日はサンタさんばっかりぎょうさんいてはって、病気の子供さんたちへのクリスマスプレゼントもあって、ちょっと、ええクリスマス気分を味わってまいりましてん。ああ、よろしゅおました。

ブログパーツ

着うた&着ムービー

くいだおれと太郎の着うた配信中!
今すぐアクセス!